夕方に鏡を見ると化粧が崩れて明らかに朝の顔と違いませんか?

朝は綺麗に化粧をしたはずなのに、夕方は化粧が浮いたり落ちたりしています。

そこで夕方の化粧崩れの原因となるものを探ってみましょう。

化粧が崩れてしまうのには大きな原因が3つあります。この原因を改善すれば化粧が崩れにくくなるでしょう。

化粧が崩れにくくするための対策もいくつかご紹介するので是非試してみてください。

夕方も朝のまま綺麗な状態でいられる肌を目指しましょう。

化粧崩れの原因はこの3つ

化粧を崩す大きな原因を作るのは次の3つです。

乾燥

乾燥は肌に水分が足りて無い状態です。冬の季節は空気が乾燥しているので乾燥肌になりやすいです。意外と夏も紫外線やクーラーの影響で乾燥肌になることがあります。

乾燥した肌の上に化粧をすると、ファンデーションにひびが入ったような状態で崩れてしまいます。

また、乾燥すると肌を守ろうとして皮脂をたくさん出すようになります。それがオイリー肌につながっていき、更に化粧崩れのしやすい肌環境を作ってしまうのです。

皮脂

皮脂は沢山分泌されるとファンデーションと混ざり合って、ファンデーションを浮かせる原因になります。

また皮脂によって顔にテカリができてしまい、化粧がよれてしまいます。

オイリー肌の人はこの皮脂が原因で崩れている人が多いでしょう。

汗をかくと化粧が流れて落ちてしまい、肌にムラが出来てしまいます。

普段はそこまで汗をかかなくても、沢山動いた後や、暑いところにいると汗をかいてしまいます。

化粧崩れの原因を作らないために肌質を改善しよう

化粧崩れの原因を改善するにはまず肌質を改善させることが大切です。

まずスキンケアで「乾燥」を改善しましょう。

乾燥対策は乾燥肌の人だけではなく、実はオイリー肌の人にも重要です。何故かというと乾燥して肌に水分が足りていないと肌に皮脂が沢山分泌されるようになるからです。

それでは乾燥に効くスキンケア方法をご紹介します。

洗顔は強い力を加えて洗わない

良く泡立てた泡でこすらないように優しく洗います。

洗う時のお湯の温度は30度前後のぬるま湯で洗いましょう。

化粧水や乳液を塗って保湿

洗顔が終わったら放置せずに、すぐ化粧水や乳液を塗って保湿してください。
洗顔後そのままにしていくと肌が乾燥しやすくなってしまいます。

スキンケアは順番をしっかり守る

化粧水→美容液(あれば)→乳液(またはクリーム)の順番でつけていきます。

化粧水だけで終わらせずに必ず最後に乳液かクリームの油分で蓋をして水分を閉じ込めてください。

クレンジングの種類をクリームタイプする

オイルやジェルタイプは界面活性剤が多く入っているので洗浄力が強い分、皮脂も落とし過ぎてしまいます。

朝のメイク方法で夕方も化粧を崩れにくくする対策法

夕方まで化粧を崩れにくくする対策として、朝のメイクの時にできる事がいくつかあるのでご紹介します。

化粧をする前に化粧水や乳液でスキンケアをしっかり行いましょう。
これは乾燥を防ぐ役割をします。乾燥を防ぐことは皮脂の分泌を防ぐことにもつながります。

この時にコットン使うよりも手でしっかり押さえこむようにすると良いです。

スキンケアの後すぐに化粧をしない

化粧水、乳液を塗った後にすぐ化粧を始めてしまう方が多いと思います。

時間が無いときは少し大変ですが、スキンケアが肌になじむ時間を少し置いた方が化粧のもちが良くなります。

化粧下地を肌質によって合わせましょう

化粧下地には種類があります。

乾燥肌の人用の保湿成分に優れている商品と、オイリー肌の人用のテカリ防止に優れている商品があるので、季節やその時の肌質で使い分けましょう。

また化粧崩れしにくいという化粧下地を使うとだいぶ違います。

化粧下地を塗った後も出来れば時間を2.3分おくと良いでしょう。

化粧下地もファンデーションも薄めに付ける

厚めにファンデーションと化粧下地を塗ると化粧崩れしやすくなってしまいます。

普段厚く塗っていた人は、化粧下地とファンデーションを薄めに塗る様に変えましょう。

特にヨレやすい場所の目元周りと口元周りは薄めにしてください。

ただシミやクマなど隠したい場所があって厚めに塗っていたという方もいると思います。

そんな方は隠したいピンポイントだけコンシーラーを塗って、全体は薄めに仕上げると良いでしょう。

自分の肌質にあったファンデーションを選ぶ

ファンデーションが自分の肌質にあっていないと乾燥を余計に招いてしまい、皮脂が多めに分泌されてしまいます。

一度自分の肌質と使用しているファンデーションが本当にあっているか見直してみましょう。

その人によって肌質は様々ですが、乾燥肌の人にはリキッドファンデーション、オイリー肌の人にはパウダーファンデーションが向いています。

まとめ

夕方に化粧が崩れてしまう原因は乾燥、皮脂、汗が大きな原因でしたが、正しいスキンケアやメイク方法でだいぶ改善できると思います。

肌は思った以上に環境の変化に敏感なので、乾燥する時期にはスキンケアを特に気を付けましょう。

朝のメイク方法を少し気を付けるだけで、気になっていたテカリやヨレを出来にくくなるので是非試してみてください。

化粧崩れは、疲れも関係しているので、内側から元気になる成分オレアノール酸が入っているセルミーを試してみるのはおすすめですよ。